働く前に知っておきたい、住み込み求人の特徴

subpage01

働くことができて住むところも用意してくれる住み込み求人にはいろいろな職種があります。夜が明ける前に出勤しなければならない新聞配達は寮・社宅付きの求人がたくさんありますし、飲食店やホテルのアルバイトなども住み込みで働ける案件が比較的多くあります。



短期のリゾートバイトや稲作や酪農を体験できる農業の求人も住むところが用意されいることがほとんどです。

産経ニュースに関する情報を提供中です。

住み込みで働ける一番のメリットは生活費を節約できる点です。
住居はもちろんのこと食費や光熱費もサポートしてくるので、同じ収入であってもマンションやアパートを個人で借りて働くよりはお金が貯まりやすい環境にあります。


また、住み込み求人の場合、職場と住居が同じ場所、あるいは住居が職場のすぐ近くにあることがほとんどです。
長時間の通勤で疲れてしまうことはありません。

一方で、住居と職場が近すぎると、仕事ばかりの生活になってしまいプライベートな時間がとれない可能性もあります。

寮完備の求人について気になる方はこちらです。

急に仕事が増えた時や人手が足りない時に、残業や休日出勤を依頼されて断りづらくなることがあるかもしれません。

住み込み求人に応募する時に忘れてはならないのは住居環境について詳しく確認することです。
働き始めてから思っていたのと違うとならないように「家賃や光熱費がいくらになるのか」「住居は寮なのか社宅なのか」「一人部屋か相部屋か」「門限はないか」「食事はでるのか」など事前に詳細をしっかり確認しておくことが大切です。